ぐっさんのブログ

ランニング5割、福岡3割、他2割くらいの雑記ブログ

久々にワラーチで走ったら最近の悩みが解決した

どうもぐっさん(@goodsun_30)です。

先日、久々に自作ランニングサンダル・ワラーチで走ったら、足裏の痛みがすっきりしました。

理由ははっきりと分かりませんが、フルマラソンを控えている自分にとって足の不安が少なくなることはかなりの朗報です。

最近の悩み:7キロくらい走ると中足骨付近が毎回痛む

最近の悩みというのが足裏の中足骨付近の痛みです。

フルマラソン(2/17開催の北九州マラソン)の1か月くらい前に痛みだしました。

走り出しはいいんですが、5キロ過ぎて6~7キロくらい走ると一歩ごとにズキズキと痛みだします。

程度の差はありますが、痛みは両足裏にきます。

 

たぶん原因は足裏の横のアーチが下がって中足骨部分に体重がかかってしまうからです。

去年から右足の中足骨骨頭部痛に苦しんで、ようやく痛まなくなったかなと思ったら今度は左足の中足骨が痛みだして、左足の痛みも引いてきたかなと思ったら今回の痛みです。

足裏のアーチを補強するためにグーパーする運動は続けていたんですが、効果薄だったのかもしれません。

 

痛みの強さは我慢すれば走れるかなくらいのレベルなので激痛ではありません。

しかし、フルマラソン中にこの痛みが7キロくらいで出て残り35キロ耐えられるかとなるとそれはわからないので、僕にとってはまあまあな不安要素でした。

気分転換も兼ねて久しぶりのワラーチラン

ワラーチ

去年作ったワラーチですが、寒くなって履く頻度が減って今年に入ってからは一度も履いていませんでした。

ふとワラーチを見てみると、インソールとアウトソールの接着が甘くなっていてインソールが浮いていたのでボンドG17で補修することに。

 

せっかく補修したのでついでにちょっと走ってみようと思い、気分転換も兼ねて走ってみました。

2月の夕方なんでそこそこ気温は低かったんですが、足の寒さはそこまで気にならず、むしろ途中からはポカポカしてきて快適に走れました。

 

この日のワラーチランは途中から雨が降り出したこともあって7キロで切り上げて終了。

ランニングシューズに比べて足への衝撃が強いので、走った直後からふくらはぎと足裏の張り具合は結構ありました。

 

翌日、起きてみると足裏がさらに張っていてバキバキになっていました。

これはランニングシューズを履いたあとにはない感覚です。

長い間普通のランニングシューズを履いていたので、いつのまにか足裏を使う感覚が損なわれていたのかもしれません。

 

足裏の筋肉痛は嫌なものですが、なんとなくやってみたワラーチランで足裏の感覚が変わるようなきっかけをつかめた感じがしました。

ほぼ痛みなく20キロ完走

20キロ走の記録

ワラーチランの2日後、20キロのペース走をしました。

マラソン前最後のロング走なので、ここで足裏に嫌なイメージが残ると本番にも不安要素が残ります。

 

どうかなという感じでスタートしたんですが、ペース走中は違和感は少し出るもののこれまでのように中足骨付近に痛みが出ることはなく走り切れました。

この日は風が強く、向かい風、横風を受けながらもそこそこのペースで走れたので上出来です。

 

しっかり20キロ走れて不安要素も減ったので、スッキリした気持ちで本番を迎えられそうです。

さいごに

というわけで、ワラーチで走ったら足裏の感覚がよくなったよという話でした。

どこかを痛めて治りかけの時、なにかのきっかけで劇的によくなるというのはあることだと思います。

僕自身もラグビーをしていた時何度か経験しています。

今回は、足裏の使い方か何かが少しだけ変わってそれがいい方向に働いたのかなと。

この感覚を忘れないようにこれからもたまにワラーチランを続けようと思います。