ぐっさんのブログ

ランニング5割、福岡3割、他2割くらいの雑記ブログ

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」出場国のジャージ(ユニフォーム)まとめ

この記事をシェアする

どうもぐっさん(@goodsun_30)です。

ラグビーワールドカップ2019日本大会の開幕まであと少しと迫ってきて出場国のジャージ(ユニフォーム)が続々と発表されています。

ということで、今回はラグビーW杯出場各国のジャージについてまとめました。

まだ、ジャージを発表していない出場国もありますが、情報が入り次第更新していきます。

 

ちなみに、ラグビーのW杯のジャージにはいろいろ規定があって、普段のテストマッチでは胸や背中に入っているスポンサー企業のロゴ(日本だったらTOSHIBAとかリポビタンDとか)は禁止(のはず)。

メーカーのロゴしか入っていないので、デザインがわかりやすい仕様になっています。

プールA

アイルランド

アイルランド代表のジャージのメーカーは「カンタベリー」。

ホームジャージはいつものグリーン一色。

左胸にはアイルランド国花、シャムロックのエンブレムがあしらわれています。

アウェイジャージはこちら。

肩がブラック、ボディ部分はホワイトとグリーンを混ぜた模様になっています。

レプリカジャージはカンタベリー他で販売中です。

カンタベリー [CANTERBURY] 公式通販サイト

スコットランド

スコットランド代表のジャージのメーカーは「マクロン」。

マクロンはサッカー、ラグビー、バスケットなどのウエアを中心に扱うイタリアのスポーツメーカーです。

左胸にスコットランドの国花であるアザミのエンブレム、胸部分にマクロンのロゴが入っています。

 

襟付きなところと肩や袖口のタータンチェックがスコットランド代表のジャージの大きな特徴です。

ホームジャージはネイビーをベースにしていてアウェイジャージは水色をベースにしたものになっています。

レプリカジャージはマクロンのオンラインストアなどで販売中です。

macron store [マクロンストア]

日本

日本代表のジャージのメーカーは20年以上にわたって日本代表のジャージを作成してきた「カンタベリー」。

新ジャージは兜をモチーフにしていて、鋭角なストライプが特徴的です。

 

胸にはサクラのエンブレム。

赤白のストライプの間にある黄金カラーは日本の象徴である富士山のご来光が表現されています。

また、ジャージ全体に和柄の紋様が施されていて、全体的に日本らしいデザインになっているのも特徴です。

 

デザインだけでなく機能面にもこだわっていて、ジャージはフロントー、バックロー、バックスとポジションの特性に合わせて3種類作られています。

フロントローは耐久性とホールド感重視、バックローはバランス重視、バックスは軽量性と伸縮性に加え、捕まえられにくい素材で作られているとのこと。

新ジャージは7月27日に行われるフィジー代表との試合でお披露目される予定です。

赤白がホームジャージ、ブルーとネイビーがアウェイジャージとなっています。

新ジャージのレプリカは全国のカンタベリーショップほか、スポーツ店で販売中です。

カンタベリー [CANTERBURY] 公式通販サイト

ロシア

未発表

サモア

サモア代表のホームジャージ

サモア代表のジャージはオーストラリアのスポーツメーカー「BLK」が作っています。

サモア代表のサプライヤーは以前調べた時はオーストラリアのアパレルブランドの「LE(Lemited Editon)」というメーカーだったんですが、BLKに変わったようです。

LEの前もBLKだったと思うので元に戻ったというのが正しいのかもしれません。

 

サモア代表のジャージは、左肩と右腰あたりにサモアらしい模様が施されているのが特徴です。

サモア代表のホームジャージとアウェイジャージ

ホームジャージは明るめのブルー、アウェイジャージはホワイトとなっています。

レプリカジャージはSports Crossingほかで販売中です。

サモア代表 スポーツウェア オンラインショップ Sports Crossing

プールB

ニュージーランド

前回王者オールブラックス、ニュージーランド代表のジャージは「アディダス」製です。

デザインを手がけたのはY-3(山本耀司とアディダスのコラボレーション)で、ニュージーランドの先住民族マオリと日本の文化から受けたインスピレーションを融合させているとのこと。

 

Twitterの画像ではシンプルに見えますが、ニュージーランドを象徴するシダ植物がボディ部分全体にびっしり描かれていて、さらによく見るとジャージ自体にも凹凸があって、これまであまりなかったようなジャージに仕上がっています。

オールブラックスのジャージ

ブラックがホームジャージでホワイトがアウェイジャージ、Twitter画像にあるブルーのジャージはトレーニングジャージとなっています。

レプリカジャージはアディダスほかで販売中です。

【adidas公式通販】商品一覧|アディダスオンラインショップ

南アフリカ

南アフリカ代表、スプリングボクスのジャージは「アシックス」製。

2014年からサプライヤーがアシックスに変更になっています。

 

ジャージのデザインは以前と大きな変更はないように見えます。

胸部には南アフリカ国花のプロテアをモチーフにしたエンブレム、左肩にはスプリングボクスをイメージしたロゴ、右肩には優勝カップがあしらわれてるのが特徴です。

 

ジャージの素材は相手に掴まれくいストレッチの効いたものが使用されていて、胴体部分は滑りにくいグリッププリントが採用されています。

また、耐久性、快適性などにも配慮されているとのこと。

南アフリカ代表のジャージ

オリーブグリーンがホームジャージ、ホワイトがアウェイジャージとなっています。

レプリカジャージはアシックス他で販売中です。

【ASICS公式】スプリングボクスジャージレプリカ|アシックス

イタリア

イタリア代表のジャージのメーカーはスコットランド代表と同じ「マクロン」。

左胸にイタリアラグビー協会のマーク、胸の部分にマクロンのロゴが入っています。

イタリア代表のホームジャージとアウェイジャージ

イタリアらしいブルーを使った左のジャージがホームジャージ、右がアウェイジャージとなっています。

さほど特徴がないジャージにも見えますが、背中の腰辺りにレオナルド・ダ・ヴィンチが描いた「ウィトルウィウス的人体図」が描かれていて、細かい部分のこだわりが見えます。

レプリカジャージはマクロンのオンラインストアなどで販売中です。

macron store [マクロンストア]

ナミビア

未発表

カナダ

未発表

プールC

イングランド

イングランド代表のジャージのメーカーは日本代表と同じ「カンタベリー」。

ホームジャージがホワイト、アウェイジャージには赤と濃い青が使われています。

 

胸にはバラのエンブレム。

素材はカンタベリーが日本の気候に対応するために新たに開発したものを使用しているとのこと。

デザインやアウェイジャージの柄はアイルランド代表とほとんど同じに見えます。

レプリカジャージはカンタベリー他で販売中です。

カンタベリー [CANTERBURY] 公式通販サイト

フランス

フランス代表のジャージのメーカーは「ルコックスポルティフ」。

フランス代表は以前はアディダスのジャージでしたが、2018年から自国のブランドであるルコックに変更しています。

 

ルコックスポルティフは1882年創業フランス国内で最も古いスポーツブランドです。

ルコック(le coq)とは雄鶏のことで、鶏はフランスの国鳥でもあります。

 

左胸の赤いロゴはフランスラグビー連盟やサッカー連盟のエンブレムにもなっている「le coq gaulois」。

これは、フランス人の祖先であるガリア族の雄鶏という意味があるみたいです。

これまでこのロゴは金色だったんですが、今回のワールドカップを機に1905年にフランスラグビー連盟が誕生した当時のものと同じ赤の雄鶏に変わっています。

 

真ん中のトリコロールのロゴはルコックスポルティフのロゴです。

 

ジャージ全体は「鎧」、胸部の丸くなっている部分は「日の出」をイメージしているとのことで、日本からもインスピレーションを得たデザインになっています。

フランス代表のラグビージャージ

ホームジャージがブルー、アウェイジャージがホワイトとなっています。

レプリカジャージ等はルコックスポルティフなどで販売予定です。

Maillot équipe de France de rugby - le coq sportif [ルコックスポルティフ]

アルゼンチン

アルゼンチン代表、ロスプーマスのジャージのメーカーは「ナイキ」。

首元にナイキのロゴ、左胸にアルゼンチンラグビー協会のエンブレムが施されています。

アルゼンチン代表のジャージ

アルゼンチン代表のジャージの最大の特徴はホームジャージとアウェイジャージのデザインが大きく違うことです。

ホームジャージは横縞で襟付きなのに対して、アウェイジャージは縦縞でVネックになっていて、かなり雰囲気が違います。

アメリカ

アメリカ代表、イーグルスのジャージのメーカーは「カンタベリー」。

一年ほど前に調べた時ははアディダスだったんですが、ワールドカップに合わせてなのか、サプライヤーをカンタベリーに変更されています。

 

首元にカンタベリーのマーク、左胸部分に愛称にもなっているイーグル(鷲)をかたどアメリカラグビー協会のエンブレムがあしらわれています。

 

ジャージのベースはイングランドやアイルランドと同じようですが、デザインは違っていて、袖部分や首周りのストライプ、胸、肩部分にある星マークはアメリカ独特です。

 

ホームジャージはホワイトベース、アウェイジャージがブルーベースのものになっています。

正式な販売は今現在(8/9)のところされていないようです。

トンガ

未発表

プールD

オーストラリア

オーストラリア代表、ワラビーズのジャージのメーカーは「アシックス」。

南アフリカ代表と同じく2014年からアシックスがサプライヤーになっています。

ジャージの素材や機能は南アフリカ代表と同じです。

 

胸の上の部分にアシックスのロゴ、左胸にオーストラリアの国章?(オーストラリアラグビーのロゴかもしれません)、左の袖口にワラビーズのエンブレムがあしらわれています。

ホームジャージがいつものゴールドメインのものですが、アウェイジャージはグリーンをベースにした配色で、下腹部と両肩にアボリジニアートが描かれた特徴的なデザインになっています。

レプリカジャージはアシックスなどで販売中です。

【ASICS公式】ワラビーズジャージレプリカ|アシックス

ウェールズ

ウェールズ代表、レッドドラゴンのジャージのメーカーは「アンダーアーマー」。

ホームジャージはレッドドラゴンというだけあって真紅のジャージ。

アウェイジャージには濃いグリーンが使われています。

首元にアンダーアーマーのロゴ、左胸のウェールズラグビー協会エンブレムであるスリーフェザーズ(三枚の羽根)があしらわれています。

 

ウェールズ代表のジャージはホームもアウェイもほぼ一色で簡素なデザインに見えますが、よく見ると、盾をイメージしたデザインになっています。

これは、ウェールズラグビーの賛美歌「Bread Of Heaven」にある「どうか私の強き盾になってください」という歌詞からきているとのこと。

ウェールズ代表オフィシャルアイテム|アンダーアーマー公式

ジョージア

未発表

フィジー

フィジー代表のジャージ

フィジー代表のジャージのメーカーはオーストラリアのスポーツブランド「ISC」。

日本ではほぼ見かけることのないメーカーですが、ラグビーリーグ(13人制)ラグビーやサッカーウェアを手掛けているそうです。

 

ホームジャージがホワイト、アウェイジャージがブラック。

肩の部分とサイドの部分にフィジーらしい紋様が施されているのが特徴です。

あと、細かいところですが、左胸のエンブレムは微妙に新しくなっているようで、ヤシの木のデザインがシンプルになり、文字も以前の「Fiji Rugby」からフィジー代表の愛称でもある「Flying Fijians」に変わっています。

ISC Sport JAPAN

ウルグアイ

未発表

さいごに

というわけで、ラグビーワールドカップ2019日本大会に出場する国々のジャージをまとめてみました。

デザインや機能など、各国、各メーカーのこだわりが感じられました。

これまでてきたワールドカップはジャージについてそこまで気にすることはなかったんですが、今回はそのへんも楽しみにしながら見てみようと思います。

\ラグビー見るならスカパーで!/

ラグビーワールドカップ2019日本大会 公式オンラインストア | ラグビー、ワールドカップ日本大会