Easier said than done

言うは易く行うは難し

ランニングを始めて1年が経ったので振り返ります

スポンサードリンク

f:id:goodsun30:20171231183133j:plain

どうもぐっさん(@goodsun_30)です。

今年の元旦から走り始め、早いもので1年が経ちました。

ということでこの1年を振り返っていきます。

なぜ走り出しだしのか

振り返る前に走り出した理由から。

走り出す理由として痩せるためとか健康のためというものが多いと思うんですが、僕はまったく違って、自分にイラついたから走り出しました。

このブログでも何度か書いているんですが、僕は過去2回(2015年、2016年)福岡マラソンを走っています。元から走ることに関してはわりと好きな方で、フルマラソンもいつか走ってみたいと思っていたし、サブ4くらいできるだろうと高をくくっていたので福岡マラソンも第1回(2014年)から応募していました。

でも実際に走ってみると、最後まで走り切れないし、小太りの女性にあっさり抜かれてしまうしで自分の弱さを痛感させられました。結局2度とも5時間を切ってゴールすることすらできませんでした。

2度も無様な走りをした自分に無性に腹が立って、次こそはやり返してやるという想いが沸き起こったため走り始めたというわけです。どうして腹が立ったのかはわかりませんが、イラついてしまったんです。これが僕が走り出した理由です。

ランニングを始めてよかったこと

知り合いが増えた

走り出すと同時にInstagramを始めたんですが、Instagram経由で会って一緒に走る人もできました。今でも基本的には一人で走っていますが、たまに人と一緒に走るといろんな刺激を貰えるので助かります。

あと、いろんなランナーをフォローすると投稿を見るだけで刺激になるので、これから走り始める人はInstagramやTwitterを同時に始めるというのもおすすめです。

Instagramアカウント→ぐっさん (@goodsun_30)

自分がアップデートしているのがわかる

走ったログは「Nike+ Run Club」で取っているんですが、少し前の自分と見比べてみると、走れる距離は伸びているし、1キロあたりのペースも上がっています。自分が伸びているというのが明確にわかるのは嬉しいことです。

30歳になってもこの感覚を味わえるのはランニングを始めたからこそだと思います。

いつか伸び悩む時もくると思いますが、とりあえず今は勢いで走り続けます。

Nike+ Run Club
Nike+ Run Club
開発元:Nike, Inc
無料
posted with アプリーチ

1年間に走った総距離

2017年1月1日〜12月31日までに走った距離は2400キロになりました。

月にすると平均200キロ。暑い日も寒い日も晴れの日も雨の日も走りました。1年で2000キロ走れたら上出来と思っていたので頑張ったほうだと思います。

月別の振り返り(7月~12月)

走って1ヶ月と半年は過去に振り返っているので、7月以降の振り返りをしていきます。

7月…150㎞ 15ラン

福岡マラソンに落選し、股関節も痛むのでのんびり走った1か月。

後半になって少しずつ走る距離を伸ばせるようになりました。

8月…205㎞ 21ラン

元々暑さが苦手なので思うようにスピードは上げられませんでしたが、なんとか月間200キロには到達。思えば暑い中で苦しみながら走ったのが後の成長につながったような気もします。

9月…235キロ 20ラン

股関節の痛みがなくなり、涼しくなってきたこともあってスピードを上げて走れました。ロングも複数回こなせて満足に走れた1か月でした。

10月…263キロ 21ラン

福岡マラソン1か月前にまさかの復活当選。時間はありませんでしたが、サブ3.5を目指して大急ぎで調整。

設定どおり走れなかったり、乳首が擦れたりいろいろ問題は発生しましたが、福岡マラソン2週間前に40キロ走をして無事走り切れたことで、本番に向けて自信がつきました。

11月…195キロ 16ラン

福岡マラソンでは無事サブ3.5を達成し、昨年一昨年の自分にリベンジができました。

がしかし、その後またしても股関節が痛くなってフルマラソンを走ったのにも関わらず月間走行距離は200キロに届きませんでした。

12月…169キロ 12ラン

股関節の不調、軽いぎっくり腰、ヘルペスなどが重なり思ったように走れませんでした。本当はあと100キロ走って年間2500キロにしたかったんですが届かず。

今日(12月31日)意地で22キロ走ってキリよく2400キロに合わせました。

さいごに

今年はよく走った1年でした。

が、これに満足せず来年はもっと走って少しでも速くなれるようにまだまだ頑張りたいと思います。