Easier said than done

言うは易く行うは難し

スーパーラグビー2018に参加するチームのラグビージャージのメーカーを調べてみました

スポンサーリンク

どうもぐっさん(@goodsun_30)です。

2月17日のストーマーズ(南アフリカ) vsジャガーズ(アルゼンチン)でスーパーラグビー2018が開幕します。

われらがサンウルブズも日本代表との連携を強くしたり、外国人選手の割合を増やすなどして強化を図ってきました。サンウルブズは24日のブランビーズ戦で初戦を迎えますが、どういった戦いをしてくれるのか楽しみです。

 

このブログでは過去に、トップリーグ、大学、各国代表のジャージのメーカーについて調べてきたんですが、スーパーラグビーが開幕するということ各チームのジャージのメーカーを調べてみました。

 

スーパーラグビーはニュージーランド、オーストラリア、南アフリカ、アルゼンチン、日本から計15チームが参加して優勝を争う世界最高峰のプロラグビーリーグです。

15チームが5チームずつ3つのカンファレンスに分かれて戦うので、カンファレンスごとに見ていきたいと思います。

オーストラリアカンファレンス

f:id:goodsun30:20180212142931p:plain

オーストラリアカンファレンスはオーストラリアの4チームとサンウルブズで構成されています。

オーストラリアのチームのメーカーはどれもバラバラでした。

ワラターズ(Waratahs)

f:id:goodsun30:20180214132825p:plain

(出典:Mens WARATAHS Jerseys - Canterbury Australia

ワラターズのジャージはカンタベリー

2017シーズンとメーカーは変わらずです。

デザインの方は襟の部分が大きく変わってクラシック感のあるデザインになっています。

Mens WARATAHS Jerseys - Canterbury Australia

レッズ(Reds)

f:id:goodsun30:20180212165715p:plain

(出典:Mens – Queensland Reds

2017シーズンはBLKがサプライヤーとなっていたレッズですが、2018シーズンは「ZOO SPORT」に変わりました。

「ZOO SPORT」はイギリスとオーストラリアで展開しているスポーツウエアブランドで、先日開催されたブリスベングローバルテンズでもアパレルパートナーとして名を連ねています。

テンズの公式ショップでもZOO SPORTのジャージやポロシャツなどが販売されていました。

歴史はいまいちわかりませんが、サイト見るとラグビーチームだけでなく、大学や高校のスポーツウエアも手掛けているようです。

ZOO SPORT - Release your animal instinct

レベルズ(Rebels)

f:id:goodsun30:20180214132819p:plain

(出典:Official Melbourne Rebels Online Store

レベルズは2017シーズンと同じBLKのジャージです。

デザインもさほど変わっていないと思います。

しかし、2017シーズンに比べるとホームとアウェイの色合いが入れ替わっています。昨シーズンは白を基調としたジャージがホームジャージでした。

調べてみると、2014シーズンまでは青がホームジャージ、2015~2017年シーズンは白がホームジャージだったようで、今季また元に戻したようです。

blksport ‐ melbourne rebels

ブランビーズ(Brunbies)

f:id:goodsun30:20180212180545p:plain

(出典:Store - Brumbies Rugby

ブランビーズのメーカーは「Classic Sportswear」。

右胸にあるマークをカンタベリーのロゴだと思い込んでいたので、ブランビーズはカンタベリーだと認識していたんですが、「Classic Sportswear」という全く知らないメーカでした。2014年からこのメーカーだそうです。

「Classic Sportswear」はスポーツウエアのメーカーで、リーグラグビー、バスケット、サッカーなどのウエアも作っているようです。

Store - Brumbies Rugby

サンウルブズ(Sunwolves)

f:id:goodsun30:20180212221002p:plain

(出典:カンタベリー公式通販サイト

サンウルブズのジャージのメーカーはカンタベリーで、日本代表と同じです。左がホーム、右がアウェイです。

ジャージのデザインは2017シーズンと同じに見えます。

デザイナーはくまもんのキャラクターデザインをした水野学さん。なんと個人的に復刻を待ち望んでいる懐かしのスポーツ飲料903にも関わっていたようです。

サンウルブズ 公式オンラインショップ / SUNWOLVES OFFICIAL ONLINE SHOP

話はかわりますが、サンウルブズや日本代表の選手が着用しているインナーは日本発の高機能インナー「C3fit」のものです。

一昨年あたりからでしょうか、日本代表の選手が見慣れないメーカーのインナーを着ているなと思って見ていたんですが、C3fitから提供されていたようです。

ちょっとお高めですが、露出機会が増えたことでラグビー界にもだいぶ普及したんじゃないでしょうか。

ニュージーランドカンファレンス

f:id:goodsun30:20180212142927p:plain

ニュージランドカンファレンスは5チームすべてニュージランドのチームです。

ジャージのメーカーはすべてアディダスでした。ニュージーランド代表のジャージもアディダスなのでそこが関係しているのかもしれません。

ブルース(Blues)

f:id:goodsun30:20180212233349p:plain

(出典:Auckland Blues - Blues Official Online Shop

ホームジャージは画像がなく子供用になっていますが、ほぼほぼ同じデザインです。

ホーム、アウェイとも青を基調としていて、ワラターズと同じように襟がデザインされています。

今年は襟が流行りなんでしょうか。

【adidas公式通販】BLUES 1stジャージ

ハイランダーズ(Highlanders)

f:id:goodsun30:20180212234329p:plain

(出典:Highlanders, Super Rugby Supporters Gear – Stirling Sports

前面にうっすら見える模様はケルトのデザインのようです。

ハイランダーズはオタゴが母体となっているチームなんですが、オタゴはケルト人が移住してきた地でもあります。

そういったこともあって、ケルトデザインが施されているようです。

【adidas公式通販】HIGHLANDERS 1stジャージ

ハリケーンズ(Hurricanes)

f:id:goodsun30:20180213001250p:plain

(出典:Wellington Hurricanes - Hurricanes Official Online Shop

2017シーズンはホームもアウェイも黄色と黒が混ざったジャージでしたが、2018シーズンはホームは黄色、アウェイは黒とはっきり分かれたようです。

柄はチーム名にもなっているハリケーンが渦巻いている様子を表現しています。 

【adidas公式通販】HURRICANES 1stジャージ

チーフス(Chiefs)

f:id:goodsun30:20180213001245p:plain

(出典:Jerseys – Chiefs Merchandise Store

チーフスのジャージの模様はニュージランドの先住民、マオリ族の影響を強く受けているようです。

2017シーズンと大きく変わったのはアウェイジャージ。

緑が多く使われていて、これまでのチーフスにはないイメージになっています。

【adidas公式通販】CHIEFS 1stジャージ 

クルセイダーズ(Crusaders)

f:id:goodsun30:20180213001242p:plain

(出典:Crusaders Official Online Shop

クルセイダーズは十字軍という意味。

そのため、ホームジャージには剣をモチーフにしたデザインがあしらわています。

アウェイジャージは白を基調としたものになっていて、2017シーズンの黒を基調をしたジャージから一新しています。

【adidas公式通販】CRUSADERS 1stジャージ

南アフリカカンファレンス

f:id:goodsun30:20180212142924p:plain

南アフリカカンファレンスは南アフリカのチーム4チームとアルゼンチンから参戦しているジャガーズで構成されています。

ストーマーズが唯一メーカー表記なしで、新たな取り組みを始めているみたいです。

シャークス(Sharks)

f:id:goodsun30:20180214113508j:plain
f:id:goodsun30:20180214113504j:plain
(出典:The Sharks (@TheSharksZA) | Twitter

シャークスはカンタベリーのジャージです。

2016シーズンまではBLKでした。

黒と白でわかりやすいデザインになっています。

この画像ではわかりにくいですが、ジャージのお腹辺りには南アフリカ共和国の都市、ダーバンの様子が描かれています。

Sharks - Canterbury

ストーマーズ(Stormers)

f:id:goodsun30:20180214135539p:plain

(出典:Stormers Online Shop

ストーマーズはこれまでアディダスのジャージでしたが、2018シーズンからメーカーの表記がなくなりました

南アフリカの「Genuine Connection」という会社が製造しているようです。この会社はサッカーやクリケットなどのスポーツウエアを手掛けていて、ストーマーズのジャージも2000年から作っていました。

英文をきちんと読めているか不安ですが、プレミアシップのブリストルのように自分たちの会社でアパレルを作りたい、みたいなことが書かれていました。

ちなみに、ジャージはアディダスではなくなりましたが、フットウエアはこれまでと同じようにアディダスと契約しているとのことです。

Stormers Online Shop

ライオンズ(Lions)

f:id:goodsun30:20180214115537j:plain

(出典:Emirates Lions (@LionsRugbyCo) | Twitter

ライオンズのジャージはカンタベリー

肩が赤くなっている方がホームジャージです。

ホームとアウェイの違いはボーダーのパターンのみ。

シンプルなデザインになっています。

Lions Rugby Shop - Official Licensed Product

ブルズ(Bulls)

f:id:goodsun30:20180214132822p:plain

(出典:Official online retailer for the Blue Bulls

ブルズのジャージはプーマ

ホームジャージは例年とさほど変わりはありませんが、アウェイジャージが大きく変わっています。

これまでアウェイジャージはだいたい濃い青だったんですが、2018シーズンは黄色でかなり目立ちます。

なんでも南アフリカの強豪サッカーチーム、マメロディ・サンダウンズFCのユニフォームを模しているのだとか。

f:id:goodsun30:20180214153551j:plain

(出典:Mamelodi Sundowns FC (@Masandawana) | Twitter

確かにかなり似ています。

Official online retailer for the Blue Bulls

ジャガーズ(Jaguares)

f:id:goodsun30:20180214121820j:plain
f:id:goodsun30:20180214121811j:plain
(出典:JaguaresARG (@JaguaresARG) | Twitter

アルゼンチンから唯一参戦しているジャガーズはナイキのジャージ。

国の代表と同じです。

2016年から参戦しているチームで、その時からデザインはさほど変わっていません。

単色ではなくなったのが唯一変わったところでしょうか。

http://www.jaguares.com.ar/

さいごに

スーパーラグビーに参加するチームのジャージのメーカーを調べてみました。今年は襟のデザインがついたジャージが目立ちました。

 

メーカーについてはニュージーランドのチーム以外はわりかしバラバラだったので苦労しました。でもそのおかげでCLASSIC、ZOO SPORTというメーカーを知れたし、ストーマーズの新たな取り組みも知ることができました。

 

ジャージのことを調べるうえでチームに関することもいろいろ知れたので、より一層今年のスーパーラグビーが楽しめそうです。