Easier said than done

言うは易く行うは難し

特大のごぼう天が名物の人気店「うどん和助」

スポンサーリンク

f:id:goodsun30:20170203220721j:plain

どうも、ぐっさんです。

 

福岡市城南区鳥飼にある「うどん和助 本店」に行ってきました。

このお店は以前行った「大地のうどん」と同じ豊前裏打会のうどん屋で、本店のほかに天神にも支店があります。

ランチ時は行列ができる人気店

「うどん和助 本店」は六本松の近くにある別府橋という立体交差のそばにあります。初めての人には少しわかりにくい場所にありますが、ランチ時には行列ができるほどにぎわっています。

今回は夕方の少ない時に行ったのでお客さんは一組だけでしたが、前回ランチ時に行った時は外周りのサラリーマンや子供連れのお母さんたちで満席でした。

店内はカウンターが7席、テーブル席3つですぐ満席になるので、混雑する時間は避けたほうが無難かもしれません。駐車場も2台分しかないので、車で行くとコインパーキングに停めることになるかもしれないので注意してください。

とりあえずごぼう天をオーダー

f:id:goodsun30:20170203220722j:plain

うどんのメニューはこんな感じです。見切れてますが、うどんとどんぶりのセットもあります。

右下の写真にある天ぷらぶっかけ(1000円)も魅力的ですが、名物の大きなごぼう天が乗っているごぼう天うどん(550円)を頼みました。ちなみに、ごぼう天は別皿で持ってきてもらうこともできます。

見た目で楽しませてくれるごぼう天うどん

f:id:goodsun30:20170203220723j:plain

オーダー後に天ぷらを揚げるので、いつもは運ばれてくるのにちょっと時間がかかるんですが、お客さんが少なかったのもあってすぐにやってきました。

 

ごぼう天がどんぶりからはみ出て、天に昇っているようにも見えます。まず見た目で楽しませてくれます。

そのまま食べればサクサクで、スープに浸して食べるとダシが染みわたって旨味が増します。

 

ある程度ごぼう天を食べたらスープと麺も楽しみます。

麺は透き通っていてツヤがあり、ややコシがあります。スープはダシが効いていてスーッと胃の中に入っていきます。豊前裏打会だけあって味も見た目も「大地のうどん」によく似ています。

 

運ばれてきた時は、量的に若干少ないかも、と思いましたが、実際はそんなことなく、食べているうちにごぼう天がずっしりきて、単品でも充分満足できます。

550円でこれだけのものが食べられるのでコスパも高いです。

 

次はもう少し暖かくなった時に行って天ぷらぶっかけ(1000円)を頼んでみたいと思います。

店舗情報

「うどん和助 本店」

住所:福岡県福岡市城南区鳥飼5-2-54

電話番号:092-851-0070

営業時間:11:00~15:30 17:30~21:00(ラストオーダー)

定休日:火曜日