Easier said than done

Easier said than done

言うは易く行うは難し

ランニングシューズは大型スポーツ用品店で買うのが一番お得かもしれない

どうもこんばんは。

5月の初めに新しいランニングシューズを買ったんですが、ラッキーなことにとても安く手に入れることができました。

激安のライトレーサーRS5

購入したのはアシックスのライトレーサーRS5。

200gいかない重さでグリップがよく、反発ももらえるので以前より楽にスピードが出せます。

2017年6月6日現在、僕が購入したシューズ(レッドの28cm)の最安値はAmazon・8999円、楽天市場・7700円、Yahooショッピング・7700円となっています。(すべて在庫ありのもの)ちなみに昨日行ったスポーツデポでは10800円で売られていました。

 

僕が実際に購入したのは5月2日、価格は3980円(税抜)。めっちゃくちゃ得しました。

f:id:goodsun30:20170606170422j:image

衝撃の6820円引きです。

 

その日、たまたまイオンに行くことになったので、ついでにスポーツオーソリティーを見てみたら、シューズの安売りをやっていました。ナイキのシューズが5000円~6000円、サブスリーランナーがよく履いているターサージールや僕が最初に買ったGT2000なんかも4000円~5000円くらいで売ってありました。ターサージールとかGT2000もかなり破格だと思います。

残念ながらこのあたりのシューズはサイズがなかったんですが、ライトレーサーRS5は28cmが一足だけあり、試し履きして大丈夫そうなので即購入。思いがけずいい買い物ができました。

春過ぎは狙い目かも?

ランニングシューズの新作はだいたい夏ごろに出るそうなので、その前の処分セールということだったのかもしれません。それとゴールデンウイークセールも重なっていた可能性もあります。

新作が出たあとに旧作の値段が下がるのが普通だと思ってたんですが、いろいろと条件が重なると今回のように新作が出る前から安売りされることもあるようです。

ということで、ランニングシューズを安く買うには春過ぎ頃が狙い目なのかもしれません。

 大型スポーツ用品店は常にチェック

ショッピングモールの中にはだいたい大型スポーツ用品店が入っています。ゼビオ、スポーツオーソリティー、スポーツデポなどが代表的です。こういった大型スポーツ用品店はウエアだったりシューズだったり、たいてい何らかのセールをやっています。

新しいもの好きの人にはおすすめできませんが、型落ちやちょっとの傷くらいなら気にしないという人はふらりと大型スポーツ用品店に寄ってみると今回のようにいいことがあるかもしれません。

さいごに

今回は新しいランニングシューズをお得に手に入れることができました。以前から持っているGT2000ニューヨーク4はゆるランメイン、今回購入したライトレーサーRS5はスピード練習メインで使用しています。使い分けることでシューズを長持ちさせることもできるので本当に買ってよかったです。もう一足くらい欲しいんですが、また掘り出し物が見つかればいいなと思っているところです。

油山でトレイルランニング

どうもこんばんは。

だいぶ前のことになりますが、福岡市にある油山でトレイルランニングしてきました。

 

油山は標高597mの低山で市民の憩いの場でもあります。僕も小学生の時に遠足で登っていたので大したことない山という印象でした。しかし、実際走ってみると普通にきつくて後半はほとんど歩いてしまいました。山を舐めてました。

まずは梅林緑道へ

油山は車で山頂近くまで行けますが、登山道もいくつかあります。今回は初めてということで山頂には行かず、梅林林道から片江展望台まで往復する計画で自宅を出発しました。

f:id:goodsun30:20170602231302j:plain

自宅から福大を目指して走り「梅林一丁目 4」の表示があるすぐ横の道に入ります。

ここまで4キロ近く。暑い上に慣れないリュックを背負っていることもあり、すでにちょっと疲れました。

f:id:goodsun30:20170602231249j:plain

こんな道を進みます。

f:id:goodsun30:20170602231237j:plain

草がボーボーですが、そのまま進みます。

f:id:goodsun30:20170602231224j:plain

着きました。

f:id:goodsun30:20170602231431j:plain

ここから急な階段を駆け上がります。この階段、なかなかきついです。

f:id:goodsun30:20170602231419j:plain

てっぺんにはちょっとした広場があるので、ここで準備を整えてトレイルランニング開始です。

ちなみに梅林緑道はこの広場を頂上にして東西に伸びているので、梅林駅側、福大側どちらからもアクセスできます。今回は福大側から階段を上がってきています。

トレイルランニング開始!

f:id:goodsun30:20170602231407j:plain

広場の南側に登山口があります。ここから登っていきます。

f:id:goodsun30:20170602231355j:plain

スタートするとすぐこんな道です。人ひとりが通れるくらいの狭さ。いきなりこんななのでちょっと不安になりつつ進みます。

f:id:goodsun30:20170602231618j:plain

狭い道を抜けると走りやすいところもあります。

f:id:goodsun30:20170602231607j:plain

梅林緑道からルートは基本的に森の中を走る感じでしたが、ところどころ展望が開けた場所もありました。

これは西側。飯盛山が見えます。いつか行ってみたいところ。

f:id:goodsun30:20170602231557j:plain

狭い道や急な登りがありつつ進むと、今度は北側が見える場所に着きました。

福岡タワー、ヤフオクドームなんかが見えます。

f:id:goodsun30:20170602231543j:plain

ちょっとわかりにくいですが、横を見るとまあまあ急な斜面。滑ったらただじゃ済まなそう。

f:id:goodsun30:20170602231823j:plain

登山口から20分ほど走ると、重要な分岐にさしかかります。

この岩が見えたらいったん下に降ります。

f:id:goodsun30:20170602231810j:plain

踏みならされた道はありますが、滑らないように注意しながら。

f:id:goodsun30:20170602231757j:plain

まっすぐ進むと舗装された林道に出てきます。

まさかのルート変更!

f:id:goodsun30:20170602231853j:plain

左側にはこのような標識がありました。

が、僕はここでミスをしてしまいました。

片江展望台が右側となっていたので、舗装路を進んだんですが、いくら進めど展望台がない。

Googleマップを確認するとどう見ても道を間違っている。なので1キロくらい走ったあたりで引き返すことにしました。

f:id:goodsun30:20170602231954j:plain

引き返している時に「もうこのまま山頂に行ってしまえ」というよくわからない気分になり、途中にあった標識に従って山頂を目指すことに。

f:id:goodsun30:20170602231941j:plain

こんな感じの道を進みます。ここはメインルートではないようで、踏みならされた跡がやや少ない感じです。

f:id:goodsun30:20170602231930j:plain

途中で主ルートと合流して明瞭な道を進んでいると、反射板がありました。

幼い頃から「あれはなんなんだろう」と気になっていた反射板が目の前に現れたのでちょっとびっくりしました。こんなとこにあるんですね。

f:id:goodsun30:20170602232217j:plain

さらに進むと妙見山という小さな立札がありました。このあたりからすでに歩き始めてます。

f:id:goodsun30:20170602232205j:plain

こんな感じの気持ちいいトレイルになると走って、急になると歩いて進みました。

f:id:goodsun30:20170602232152j:plain

妙見岩に着きました。

昔、干ばつがあった時はこの場所で雨ごいをしたそうです。

f:id:goodsun30:20170602232140j:plain

木の階段が出てきました。これはこれできつい。

f:id:goodsun30:20170602232323j:plain

あと830m。なんですが、平地とは違ってこの830mがめちゃくちゃ長く感じました。

f:id:goodsun30:20170602232312j:plain

国見岩に到着です。ここで少しだけ休みました。

この岩に上がって写真を撮る人もいるみたいですが、この時点で脚にきていて、滑って落ちたら大変なことになると思ったので手前から眺めるだけにしておきました。

f:id:goodsun30:20170602232301j:plain

「国見岩」は名前の通り、筑前の国が見渡せるという理由でつけられたみたいです。

眺めはよさそうでしたが、今は周りに木がいっぱいあるので見渡せるというほどではないみたいでした。

f:id:goodsun30:20170602232250j:plain

さらに進むとあと330mの標識がありました。もう少し。

f:id:goodsun30:20170602232426j:plain

たしかこれが最後の階段。

f:id:goodsun30:20170602232416j:plain

ようやく山頂に着きました。ここまでで登山口から1時間30分以上かかってます。

f:id:goodsun30:20170602232404j:plain

山頂からの景色です。

ガスっててわかりにくいですが、福岡市内が見えます。

 

山頂にはいくつか長椅子があって休めます。何名か登山者の方もいて少し話もしました。

話をしたおじいさんはヘビやらイノシシにも遭遇したことがあるようで、できれば遭いたくないな、と思いながら聞いてました。

こんな感じで話をしながら持ってきた水分とお菓子を補給しつつ15分ほど休みました。

下山ついでに片江展望台へのルートを確認

思いがけず山頂まで来てしまったわけですが、本来は片江展望台に行くのが目的です。

なので、帰りにどこでルートを間違ったのか確認することにしました。

f:id:goodsun30:20170602232353j:plain

当たり前ですが下りはスイスイ進みます。転ばないように道なりに進むと妙見鼻に着きました。上りの時もこの辺で合流したはずなんですが、なぜか気づきませんでした。

標識に片江展望台と書いてあったのでその通りに進みます。

f:id:goodsun30:20170602232534j:plain

しばらく進むとまたしても片江展望台の標識がありました。事前に調べていたのとなんか違う気がしますが進みます。

f:id:goodsun30:20170602232523j:plain

あまり人が通った感じではなく、ロープ場が何か所かありました。落ち葉が多く滑るので注意が必要です。

f:id:goodsun30:20170602232504j:plain

注意しつつ下っていると展望台に続く道路に出ました。

f:id:goodsun30:20170602232453j:plain

30mくらい先が展望台です。

f:id:goodsun30:20170602232639j:plain

展望台からの景色が一番気持ちがよかったです。一望できる感じがいいですね。

f:id:goodsun30:20170602232617j:plain

一応目的の展望台に着いたわけですが、事前に調べたところによると、展望台に直接出る道があるはずでした。なのでどこかに道がないか探しているとこんな標識が。奥の方にわかりやすい道がありました。

f:id:goodsun30:20170602232605j:plain

展望台や脇にある道を5分ほど走るとこんなところに出てきました。見覚えのある景色です。

f:id:goodsun30:20170602232628j:plain

そして見覚えのある標識が。

途中、岩を下って林道に出たところで見た標識です。この裏を抜けていけば5分と経たずに展望台に着けたということです。

f:id:goodsun30:20170604215704j:image

この標識が示していたのは、「右」ではなく矢印の方向だったみたいです。やられました。これでどこで間違ったのがわかりました。

 

いろんな疑問が解決したので、このあとは梅林緑道登山口まで戻ってそこからロードを走って帰りました。

 

 

おそらく登山口からまっすぐ展望台に行ければ往復50分かからず行けたと思います。それが2時間30分くらいの行程になり、かなりヘトヘトになりました。

予想外に時間がかかった初油山でしたが、いろいろとルートがわかったのでいい経験になりました。

全部走るつもりで臨んだですが、山はそんなに甘くなく、走りと歩き半々くらいになってしまいました。しかし、平地を走るよりもいいトレーニングになったと思います。

油山は他にもルートがいくつかあるみたいなので、まだまだ楽しめそうです。

福岡マラソン2017にエントリーしました

f:id:goodsun30:20170417143542j:plain

どうもこんにちは。

今日4月17日は今年で4回目の開催となる福岡マラソン2017のエントリー開始日です。

ということで早速エントリーを完了させました。

 

10時になると福岡市広報戦略室からのLINEで「福岡マラソン2017のエントリー開始のお知らせ」がきたので、リンクからエントリーしようと思ったら、変なメッセージが出てうまくサイトが表示されませんでした。

f:id:goodsun30:20170417143533j:plain

↑こんなのが出てきました。

混みあっているのか別の問題かわかりませんが、とりあえず諦めてしばらく経ってからエントリーすることにしました。

 

 

12時前になるとすんなりサイトが開いたので、早速必要事項を入力していきます。

f:id:goodsun30:20170417143534j:plain

僕は福岡市民なので、一番上のマラソン(福岡・糸島市民枠)、個人エントリーを選択。

 

福岡・糸島市民枠は地元の人に与えられた特権みたいなもので、定員は2000人です。仮に抽選に漏れたとしても、一般枠に回されてもう一度抽選を受けられようになっています。チャンスが2度あるというわけです。去年の倍率は市民枠が約6倍、一般枠が約4倍だったみたいです。

 

ちなみに僕は過去3回ともエントリーしていて、そのうち2回当選しているんですが、どちらも市民枠では抽選漏れして一般枠での当選でした。できれば今年は市民枠で当選したいところです。

 

f:id:goodsun30:20170417143535j:plain

先ほどの個人エントリーをクリックするとこんな画面が出てくるので右上のエントリーを選択。

f:id:goodsun30:20170417143536j:plain

ここでRUNNETにログインします。

RUNNETは日本最大のランニングポータルサイトで、大会にエントリーするためには登録が必要です。RUNNETは大会の検索ができたり、掲示板で質問できたりするので便利です。

初めてエントリーする方は先にRUNNETに登録してからの方がスムーズにいくと思います。

f:id:goodsun30:20170417143537j:plain

RUNNETにログインすると、確認事項があってその下にエントリー種目の選択があります。複数でのエントリーもここでおこなうみたいです。

僕は迷うことなく「一般の部 男子18歳以上」を選択。

f:id:goodsun30:20170417143538j:plain

次はこの画面が出てきて、この下に入力事項が表示されます。

入力するのは

  • 福岡市・糸島市民枠についての承諾(必須)
  • エントリーに際しての確認事項についての承諾(必須)
  • メール受信設定についての承諾(必須)
  • 日中連絡(必須)
  • 国籍(必須)
  • 所属
  • Tシャツサイズ(必須)
  • フルマラソン完走経験(必須)
  • 過去2年以内のフルマラソンベストタイム
  • ベストタイム大会名
  • 予想タイム(必須)
  • ふくおかスポーツ応援募金
  • 障がい者の伴走者及びガードランナーの有無
  • シャトルバス利用有無アンケート(必須)
  • 医療従事者
  • 福岡マラソン参加回数(必須)
  • 抱負・PR
  • 取材協力の可否(必須)
  • アンケート

の全部で19項目です。たくさんありますが、ほとんど選択なので2~3分で済みます。

f:id:goodsun30:20170417143540j:plain

抱負・PRにはそれらしいことを書いておきました。

データを入力したら内容を確認してエントリー完了です。

f:id:goodsun30:20170417164726j:plain

エントリーがきっちり完了できればこういった画面が表示されるはずです。

f:id:goodsun30:20170417143541j:plain

また、登録したメールアドレスにも受付完了メールがくるので確認してみてください。

 

 

抽選結果の発表は市民枠が6月下旬、一般枠が7月上旬(※追記:市民枠の結果発表は6月20日、一般枠は7月5日だそうです)となっているようです。今年は定員が昨年より1000人増えて1万2000人になったので、それに伴って倍率も少しは下がるかもしれません。

 

とりあえずエントリーは無事完了したのであとは当選するのを祈るばかりです。

エントリー期間はインターネットが5月22日17時まで、専用振替払込用紙が5月15日(当日消印有効)までなので、お早めに。

www.f-marathon.jp

鴻巣山でプチトレイルランニング

どうもこんばんは。

夏に向けてトレイルランニングを取り入れようと思っている今日この頃です。

まずはトレイルがどんなものが知ろうと思い、先日、福岡市の中央区と南区の境にある鴻巣山に行ってきました。

鴻巣山とは

鴻巣山は標高約100mの超低山です。端から端まで走っても10分~15分足らずで気軽にランニングできます。一歩中に入ると完全に森という感じですが、遊歩道が整備されているので迷うことはありません。

また、鴻巣山には展望台もあってそこそこの景色を楽しめます。近所に住む人はウォーキングにも利用したりするようです。

 

鴻巣山周辺は現在、閑静な住宅街になっていますが、かつては古墳が多く存在し、百塚とも呼ばれていたそうです。福岡城築城の際に古墳の石が使われてしまったため、今では鴻巣山の近くにある興宗寺の穴観音が唯一面影を残すだけとなっています。

また、戦時中には旧陸軍の射撃場として使われたそうで、今でも痕跡が残っているようです。(今回は発見できませんでした)

平尾霊園から鴻巣山へ

鴻巣山への入り口は全部で7か所あります。

今回できるだけ長くトレイルを走りたかったので、平尾霊園口から入り長丘西口に抜けるルートを選んでみました。

 

平尾霊園口は平尾霊園内を南側に進んで坂を上ったところにあります。

f:id:goodsun30:20170416224259j:plain

これが霊園口です。

f:id:goodsun30:20170416224300j:plain

霊園口のところにあった案内板です。

左下から入って右上に抜ける感じで走ります。

f:id:goodsun30:20170416224303j:plain

中に踏み入れると森の中といった感じで、自然が広がっています。

まず通るのがマテバシイの森です。

f:id:goodsun30:20170416224301j:plain

f:id:goodsun30:20170416224302j:plain

走っているとこんな説明書きがあってちょっとした勉強にもなります。

マテバシイってどんぐりの一種みたいですね、知りませんでした。

 

マテバシイは元々海岸の近くに育つものらしく、鴻巣山のマテバシイはかつて海岸線が今より内陸にあった名残と考えられているそうです。

 

へぇーと思いながら、マテバシイの森を抜けて先に進むと標識がありました。

f:id:goodsun30:20170416224305j:plain

鴻巣山にはこうした標識がいくつもあるので、これに沿って進めば迷うことはないと思います。

とりあえず展望台を目指します。

f:id:goodsun30:20170416224306j:plain

こんな感じの道が続きます。

ロードを走る時とは違う筋肉を使うのでおもしろかったです。そして自然の中を走っているので非常に気持ちいいです。

f:id:goodsun30:20170416224308j:plain

舗装されている道を横切って階段を下りていきます。

ちなみに、舗装されている道を左に行くと100mくらい先に電波塔があって行き止まりになっています。近くは三角点もあるようです。

f:id:goodsun30:20170416224310j:plain

階段を下りて少し行くと展望台が見えます。

f:id:goodsun30:20170416224313j:plain

早速上がってみます。

f:id:goodsun30:20170416224312j:plain

木々が展望台の高さまで伸びているので、視界が完璧に開けているわけではないですが、こんな感じで福岡市内の様子を見渡すことができます。

f:id:goodsun30:20170416224311j:plain

反対側には電波塔です。

ちょうど飛行機が飛んでいたので一緒に撮っててみました。

 

展望台で少し休憩をしたら、あとは下りです。

f:id:goodsun30:20170416224314j:plain

なんとなくこっちかなという感じで下ったら1分くらいで長丘中の裏に出てきました。

 

ここは展望台入口です。最初に意図したルートと違うのでいったん展望台に引き返しました。

展望台から別の道を下ると長丘西口に到着しました。

f:id:goodsun30:20170416224317j:plain

長丘西口の案内板です。

展望台からは5分もかからず着きました。ちょっと道を間違えたのも含めて全部で20分くらいの行程だったと思います。

 

 

鴻巣山は手軽にトレイルを楽しむのにちょうどいい場所でした。一番長いルートでも15分あれば走れます。また、犬の散歩をしている人や小学生もいたりして雰囲気も悪くありませんでした。

 

 

トレイルランニングは今回が初めてでしたが、脚全体を使って走るのでロードよりも“走っている”という感覚が強くて楽しめました。

次は小学生のころ何度も遠足で登った油山に挑戦してみたいと思います。

福岡市中央区小笹は激坂の宝庫?

f:id:goodsun30:20170403215718j:plain

どうもこんばんは。

ランニングを本格的に始めて3ヶ月が過ぎました。ここ最近は自分なりに考えていろいろなトレーニングをやっていて、坂ダッシュも取り入れています。

いつもは家の近所の坂や福岡の市民ランナーの聖地大濠公園のそばにある西公園の坂を駆け上がっています。近所にあるのは傾斜の緩い100mくらいの坂、西公園はそこそこ傾斜がある180mくらいの坂。気分で使い分けているんですが、もっと坂のバリュエーションを増やしたいなーと思って、ストリートビューを使ったりして探していました。そんな時に『ロンプク淳』というロンドンブーツ1号2号の田村淳さんがやっているローカル番組で小笹の坂が紹介されていたので、ランニングついでに行ってきました。

続きを読む